予防診療について|かい動物クリニック|海老名市・座間市の動物病院

予防診療について

ワクチンについて

ワクチンは大切な動物を伝染病から守るために用いられます。ワクチンを定期的に接種することで免疫力が上がり、多くの伝染病の感染を抑えることが出来ます。

動物用ワクチンとしては以下の種類が存在します。

ワクチンの種類(犬用・猫用)

犬用
  • 狂犬病
  • ジステンパー
  • 犬コロナウィルス感染症
  • レプトスピラ症
  • パルボウィルス感染症
  • 犬パラインフルエンザ
  • 犬伝染性肝炎
  • 犬アデノウィルス2型感染症
  • 伝染性肝炎
  • レプトスビラ感染症
猫用
  • 猫汎白血球減少症
  • 猫ウィルス性鼻気管炎
  • 猫カリシウィルス感染症
  • 猫白血球ウィルス感染症
  • クラミジア感染症

狂犬病ワクチン

病名に「犬」という文字が入っていますが、狂犬病は人や猫、鳥など哺乳動物のすべてがかかりうる伝染病(人獣共通伝染病)です。ウィルス性の感染症で、一度かかると現代医学をもってしても治療はできず、致死率ほぼ100%という恐ろしい病気です。
「狂犬病予防法」により、毎年1回の狂犬病予防注射の接種が飼い主に義務付けられています。狂犬病の発生を防ぐために、毎年必ず予防注射を接種してください。

※但し、過去に狂犬病予防注射やその他のワクチン注射などで、アレルギーや体調不良を起こした子や、現在体調が悪い子はご相談ください。
※混合ワクチンと同時接種することはできませんので、間隔を空け別々に接種することになります。

混合ワクチン

混合ワクチンは、「狂犬病ワクチン」とは異なり、法で定められたものではなく、飼い主様の判断による“任意接種”となります。
しかし、現在も発生している伝染病もありますので、予防のために混合ワクチンの接種をお勧めしております。また、多くのペットホテルやドッグランが、その利用条件に「ワクチン接種済み」であることを挙げるようにもなっています。
当院では犬で6種混合ワクチン、8種混合ワクチン、猫で3種混合ワクチン、5種混合ワクチンを採用しております。フェレットさんには犬用のワクチンを接種しております。
接種するワクチンは、その子の年齢や飼育状況により変わってきますので、ご来院時にご相談ください。
なお、ワクチンは接種後の副作用やアレルギー反応が全く無いとは言い切れません。そのため、接種後しばらくは病院で様子を観察させて頂きます。また、何かあった場合すぐに対応できるよう、午前中の接種をお勧めします。

フィラリア予防について

フィラリアとは

フィラリアは、イヌフィラリア(犬糸状虫)の子虫(ミクロフィラリア)が蚊を介して犬に入り込み、4~5ヶ月くらいかけて成虫となり、心臓に棲みつき様々な障害を引き起こす疾患です。長いものですと30cmほどもあり、心臓に寄生すると血液の循環が悪くなって、肝臓、腎臓、肺など、多くの臓器に異常をきたします。
室内犬でも、蚊に刺される機会が少しでもある限りは感染リスクがあります。特に小型犬は心臓もやはり小さいので、少数が寄生しただけでも重い障害を起こしがちなため、注意が必要です。
ただし、フィラリアはきちんと予防薬を投与すれば確実に防げる病気ですので、しっかり予防してあげましょう。
なお、猫ちゃんもフィラリアに感染するという報告がありますので、できるだけ予防してあげてください。

フィラリアの予防について

まずは血液検査を受けて、フィラリアに感染していないかどうかを調べましょう。フィラリアは蚊が媒介するため、夏を越すたびに感染率が高くなります。また、万が一フィラリアに感染している状態で予防薬を投与してしまうと、ショックなど重篤な症状を引き起こす可能性がありますので、毎年必ず血液検査を受けてから行いましょう。
フィラリアはきちんと予防すれば確実に防ぐことのできる病気です。この予防薬は、蚊から感染した幼虫が心臓にたどり着くまでに完全に殺す薬剤です。フィラリア予防薬として一番よく使用されているのは「内服薬」ですが、背中に垂らすタイプの「滴下式」や注射タイプもあります。それぞれのワンちゃんに合ったものを選ばれるとよいと思いますので、ご相談ください。

ノミ・ダニ予防について

ノミ・ダニとは

ノミは犬や猫に最も一般的に見られる寄生虫です。犬や猫の体毛の中に潜み、血を吸って生きています。犬に寄生する一般的なダニはマダニです。マダニは草むらなどに潜んでおり、散歩などをさせている際に犬や猫の体にくっついて血を吸い始めます。顔や耳など皮膚が薄くて軟らかい部分を好み、多くはそこに寄生します。

ノミによる症状

ノミは犬や猫の体毛の中に潜み、血を吸って生きています。そして、血を吸う際に犬や猫に刺激を与え、痒みをもたらします。犬・猫がノミに刺されると、まずは激しい痒みによるストレスを受けます。それ以外にも、以下のような重大な病気を引き起こしたりしますし、他の動物にうつす恐れもあります。

  • ノミアレルギー性皮膚炎
  • 吸血による貧血
  • 瓜実条虫症
  • 猫ヘモバルトネラ症

マダニによる症状

マダニは、体長わずか1mm程度の大きさしかありませんが、血を吸うとその200倍以上にも膨らんで、まるで黒いイボのように皮膚に張りついたりします。しかも口でしっかりと皮膚に食いついているので、無理やり引き離そうとすると、口の部分が皮膚に残り、化膿を招いてしまうこともあります。
マダニが重度寄生すると吸血による貧血を起こしますが、「バベシア」という寄生虫により犬の赤血球が破壊され、生命に危険が及ぶことさえあります。また日本紅斑熱、ライム病といった人獣共通感染症を媒介する危険もあります。

予防について

ノミやマダニの駆除・予防策には、「内服薬」や「滴下式」など様々な方法が知られています。駆除剤のタイプによって効果に違いがありますので、獣医師に相談のうえ、ご自身のワンちゃん・ネコちゃんの状態に適した方法を選んでください。治療の目安としては、通常は月に1回の投薬で容易に予防できます。

日頃から注意したいこと

ノミやダニは1年中活動していますので、年中予防するのが理想的です。また、下記のような対策が効果的です。

  • ペットの布団・マットは掃除をし、天気の良い日は天日干しする(日光消毒)。
  • ノミ・ダニがたくさんいる草むらなどには、できるだけ入らないようにする。
  • ブラッシング等で、ノミやダニがいないかをチェックする。